Posted in 国内の記録

遠心分離機は別れを惜しむ

午前4時。Kさんは胸の辺りにずしりとした重みを感じ目を覚ました。それは、長年愛用してきた遠心分離機を売ろうと決めた日のことだった。   金属加工の職人であるKさんは、学

続きを読む 遠心分離機は別れを惜しむ
Posted in 国内の記録

家棲妖 三篇

水流し Nさんの実家では時たま、誰も触っていないのに水道の水が流れることがあるそうだ。 初めのうちは認知症のおばあさんが閉め忘れているのだろうと家族の皆が思っていた。 ところがあ

続きを読む 家棲妖 三篇
Posted in 国内の記録

座敷童

元同僚のFさんの実家は、当時働いていた職場のある県から新幹線で2時間くらいの場所にある。 彼女の実家では不思議なことが頻発していたらしい。 毎晩、布団で寝ているFさんをまたぐよう

続きを読む 座敷童