終の景色

アメリカ西部に住む女性は、連日奇妙な夢を見ていた。

 

 

狭く、汚れた浴槽。

そこに横たわり、カビで黒ずんだ天井を見上げている夢。

 

毎晩のように同じ夢を見るのだが、全く見覚えのないその浴室を不思議に思っていた。

それから1週間ほど経ち、彼女は遠方で一人暮らししている長女の死を知らされた。警察からの連絡では、長女は浴槽の中で仰向けに倒れて死亡していたという。

すぐに彼女は長女の暮らしていたアパートへと向かった。

 

狭くて汚れた浴槽、カビで黒ずんだ天井。

それは夢で見た景色だった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA