にぎやかな葬列

「道教の道士を日本人に説明するとき、よくお坊さんみたいだと言う人がいますが、日本のお坊さんは人の命を簡単に消したりしませんよね」

そう語るIさんが奇妙な集団に遭遇したのは今からおよそ十年前のことである。

 

久しぶりに里帰りしたIさんは懐かしい景色を楽しみながら散歩していた。すると「こんにちは!」と声をかけられた。

見ると、棺を担いだ一団が満面の笑みを浮かべてこちらにやって来るところだった。

「こんにちは!」

「どこからいらっしゃったんですか?」

「近くにお住まいですか?」

「お名前は?」

矢継ぎ早に質問をしてくる彼らは全員で六人。

棺があるのだからおそらく葬列だろう。

しかしこの楽しげな雰囲気はどういうことだ。六人全員がどこか浮かれているような気さえした。

(関わらないようにしよう)

後ろからはまだ明るい声が追いかけてくるが、お構いなしに歩を速める。

家にたどり着く頃には姿はもちろんにぎやかな声も聞こえなくなっていた。

 

帰宅したIさんは今しがた遭遇した葬列について家族に尋ねてみると、

「あぁ、〇〇さん家のおじさんよ。殺されたのよ」

予想外の答えが返って来た。

 

事の経緯はこうだ。

〇〇家のおじさんとは、その家の当主である五十代の男性。事故の後遺症で半身が思うように動かせなかったらしいが、それ以外は健康そのものだったそうだ。

ところが家族にとってはそれが厄介だった。

自分一人では食事もできない排泄も出来ない元気な男性、確かに介護をする家族にとっては大きな負担だったかもしれない。

ある時家族は道教の寺院に行き「早く死ぬような術はないか」と相談した。

ほとんどの道士は取り合ってくれなかったそうだが、一人だけ金さえもらえれば何でもするという道士がいた。彼は家族に「決して安くない金額だが、もし払えるなら特別な道具をやる」と怪しげな話を持ち掛けた。

 

それからしばらく後。

方々に借金までして金を工面した家族は道士から一本のろうそくを受け取る。

死んだ人間の脂でできたそのろうそくは、殺したい相手の小指に紐で結びつけるとその人の『命』になるのだという。

ろうそくが燃え尽きるということはつまり命が燃え尽きるのだ。

火をともすだけで人が殺せる。

直接手を下さなくていいし何より罪に問われることもない。

喜んでろうそくを持ち帰った家族は、何も知らない寝たきりのおじさんの小指に紐を結んでろうそくと繋ぎ、火をつけ、そして――

 

「この話、葬儀に参列した人達みんなに自慢げに話してたらしいです。死んだのがよっぽど嬉しかったんでしょうね」

 

件の道士は今もそこで仕事をしているそうだ。

 

 

1 thought on “にぎやかな葬列

  1. 代わりに呪ってあげる人が路上で増える日がありませんでしたっけ?
    饅頭祭?

    昔から残ってるモノ。だったら、必要とされるモノ。なイメージですが、良くも悪くも親族の方は開けっぴろげですね(・・;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA