人になりたい

大学生のCさんがまだ三歳か四歳の頃、美しい毛並みの賢い猫を飼っていた。

ある日Cさんが一人で家にいると、後ろで衣擦れの音がした。振り返ると人間の服を着た猫がいた。猫の体には大きすぎる服を床に引きずりながら歩いてくる。

そしてCさんの目の前に来るとこう言った。

「人間みたいに見える?」

 

その夜食卓についたCさんは家族に猫の様子が変だと訴えた。するとおじいさんが「そうか、あいつももう七歳か」と呟いた。

 

猫は次の日にいなくなった。

 

 

「家族みんなが今も元気だということは、きっとおじいさんが猫を殺したんでしょう」

おじいさんは常々「猫は六歳を過ぎると人になりたがる」と言っていたそうだ。

 

人になりたいと願った猫はどうするか。

家族の誰かに成り替わるのだ。

 

それからもCさん宅では猫を飼い続けているが、家に来てから六年を過ぎる頃にいなくなるのだという。

 

中国南部にある貴州省での話である。

 

 

 

1件のコメント

  1. 好きなタイプのお話ですが、猫好きなので少し複雑なのが本音です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする