封鎖

今から約五十年前、中国で大規模な地下鉄開通工事が行われた。

工事が進んでいたある日、現場で古い井戸が見つかった。作業員が恐る恐る井戸の蓋を持ち上げると、すうっと上がってきた冷気が彼の顔を掠めた。更に蓋をずらしてみると、大きな鎖がぶら下がっているのが見えた。

鎖は底の方へと続いている。

何が繋がれているのか気になった作業員は鎖を引き上げてみた。

ズッ……ズッ……ズッ……。

――かなり長い鎖のようだ。いくら引いても鎖が途切れる事はない。どこまで続いているのだろうか。しばらく引き続けていると、井戸の中からゴオオオォォォォという音が聞こえてきた。重く低いその音は地面を伝い、体の中で響いているようだった。

すると、
「やめろ! 鎖に触るな!」
工事の責任者が血相を変えて駆け込んできた。鎖を持って立ち竦んでいた作業員が我に返る。引きずり出した鎖を慌てて井戸に投げ入れ、蓋を元に戻した途端に音が止んだ。

責任者に井戸のことを尋ねたそうだが、「触れないように」と告げられただけで何も説明がなされなかった。

井戸は今でもそこにある。

当初、直線に敷かれるはずだった線路は井戸を避けたために少し湾曲しているのだという。

 

井戸の底

「井戸には龍が封じられている」というのが定説だったそうだが、元々付近で怪奇現象が多発していたことからも、龍ではなく邪悪な霊を封じたものだろうと言われている。

 

Price: Check on Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA