愛痕

彼女は穿いていたロングスカートを太ももまでたくし上げて、それを見せてくれた。

青黒くて縦に長い円形の痣。

 

かつて彼女は人の道に外れた恋をしていたという。その相手が

「噛み癖のある人だったの」

 

羽織っていたカーディガンから腕を抜き、右肩をこちらに向ける。

楕円形の痣はそこにもあった。

 

結局、二人の関係が周囲に知られ、彼女は全てを失うことになる。それが四年も前の話。

 

消えない歯型というわけではないそうだ。

彼と引き離されて四年経った今、再び現れたのだという。

太ももに、右肩に、人には見せられない場所に。

 

果たしてそれは愛の記憶か、それとも執着か。

 

 

 

 

2 thoughts on “愛痕

  1. なんか考えさせられる話ですね。

    この話を聞いて(読んで)色々な事を感じる。と言うか考察できる。と言うか…。

    余韻に浸れる良いお話に感謝ですm(__)m

    1. ただの奇談ですので、難しいことは何も考えずに楽しんで頂けるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA