焼失

京都に住むTさんという男性からこんな話を聞いた。

Tさんの働いている会社は毎年、十二月の最終出勤日に社員総出で大掃除をするという決まりがある。ある年、Tさんは四十代の女性社員と共に焼却係を務めた。

駐車場の隅に置いてある焼却炉で、集められた不要な書類をひたすら燃やしていくのが焼却係の仕事だった。

 

それから年が明けて数日後、仕事始めの日。

一緒に焼却炉係をした女性社員が家族に連れられ出社して来た。
そして、申し訳なさそうにこんなことを言う。

「写真が見たいんですけど……」

 

話は大掃除をした日の夜に遡る。

家族の話によると彼女はその夜、行き先も告げずにふらりと家を出て行ったのだそうだ。朝になってやっと帰って来た彼女にどこに行っていたのか聞いても、出かけていないと嘘をつく。
夜中にふらりと出かけて朝方ふらりと戻って来る。夜間の徘徊は休みの間中続いた。

ある日、行き先を特定してやろうと家族は彼女を尾行した。

家を出た彼女は心許ない足取りでしばらく歩き、会社にたどり着いた。それから裏手にある駐車場へと進み、焼却炉の前でやっと足を止めた。

そして、ぶつぶつと呟きながら焼却炉の周りをぐるぐる回っている。たまらず家族が声をかけた。

「何してるんや」

しかし聞こえていないのか、彼女は止まることなく歩き続ける。

もう一歩近づく。

「おい、」

 

――写真……写真が見たいねん……

 

振り向いた彼女の眼はどこかぼんやりして、焦点が定まっていなかったという。

無理やり彼女の腕を取り、引きずるように家へと連れ帰った。

夜が明けて彼女に聞いたところ、その写真というのは大掃除で他の書類と一緒に燃やしてしまったものだと言うのだ。

以来、夜になると無性に写真が見たくなる。

どうしてももう一度写真を見ないと気が済まない。

得体の知れない感情に突き動かされて、気がついたら焼却炉の周りを夜毎うろついているのだそうだ。

彼女が言うには、どこかの神社の鳥居の写真だそうだ。

Tさん達は顔を見合わせた。

誰もそんな写真は知らないし、社長でさえ一度も見たことがないと言う。一緒に焼却炉係を務めたTさんも「あの日は写真なんかあらへんかったはずやけど」と首を捻った。結局、写真についての手がかりは何もなかった。

彼女はそのうちぽつぽつと無断欠勤するようになり、とうとう半年後に会社を辞めてしまった。彼女が現在どこでどうしているのか、知る人はいない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする