見えない夫

Yさんが旦那さんと死別したのはまだ三十代前半の頃だった。

見合い結婚で夫婦となった二人は互いに色恋といった感情は持っておらず、友達よりももっと隔たりのある関係だったそうだ。

起きて朝食を作り、仕事に行く彼を送り出し、昼間は掃除に洗濯、夕食の支度を終えて帰宅する彼を出迎え、次の朝の準備をする。単調で静かな毎日の繰り返しだった。それでも、自分以外に頼れる人がそばにいる生活に不満はなかった。

ところがそんな生活は十年も続かなかった。

仕事中に心筋梗塞で倒れた旦那さんはそのまま帰らぬ人となった。若くしてパートナーが亡くなったことにYさんはショックを受けたが、彼女の家族はというと、葬儀の翌週には再婚のための見合い話を持って来た。まだ気持ちの整理がついていなかったYさんはその話を断り、夫婦で暮らしていた家へと一人戻った。

何となく気が進まないながらも家を片付けていた時、ラジオが壊れた。
それはラジオを聴くのが好きだというYさんに、旦那さんがプレゼントしたものだった。突然ガジャガジャとしたノイズしか聞こえなくなり、何度チューニングし直してもラジオが雑音以外の音を拾うことはなかった。

その翌日、次はテレビが故障した。
夜一人でテレビを見ていると、一瞬ぐらりと画面全体が歪み、プツンという音とともに画面が真っ暗になった。電源ボタンを押してもリモコンであれこれと操作をしても元に戻ることはなかった。

短期間で奇妙な壊れ方をしたラジオとテレビ、後になって考えてみれば妙なことだが、この時は大して気にしなかった。

しかし実家に戻った途端、そこでも電化製品が立て続けに故障した。それだけではない。久しぶりに訪ねて行った幼馴染の家でもテレビが急に映らなくなった。行く先々でそのようなことが起こるので、さすがにYさんもおかしいと思うようになった。しばらく不安を抱えて過ごしていたのだが、ある時を境に不可解な故障は収まった。

ある時というのは旦那さんが亡くなって四十九日が過ぎた頃だったという。

「それに気付いた時は寂しかった。成仏したんだなって。もう本当にいないんだなって。でも」

――死んだ後も一緒にいてくれて嬉しかった

 

Yさんにとっては電化製品の故障も夫婦の大切な思い出なのだそうだ。
彼女は現在五十歳、独身である。今後も再婚するつもりはないという。

2件のコメント

  1. 怪談や怪異、常識で説明しかねる話は「恐い」と思われがちですが、こう言うほんのりとした話も妙に気持ちに響きますよね

    • 私にはなかなか捕まえられない珍しい「心霊ちょっといい話」です(笑)
      中国でも霊体は電子機器類に影響を及ぼすようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする