笑う隣人

マレーシアに住むSさんは、その日、実家の前にいた。
数ヶ月ぶりの帰省だった。

「ただいま」

玄関からリビングに向かって挨拶をしてみるが、返事はない。いつもなら家族の誰かが出迎えに来るはずだ。しかしその日は何故か家の中が静まりかえっていた。
不思議に思いながら靴を脱いでいると、ギシ、と廊下を歩く音がした。
誰かが玄関に向かって歩いて来ている。

声をかけようとしたSさんはハッと息を飲んだ。
廊下から顔を覗かせたのは、隣に住むおじいさんだったからだ。数年前に引っ越して来たこのおじいさんには家族はいないようで、一人で暮らしていた。老人の一人暮らしということでSさん一家はそれなりに気をかけていたが、特別親しいという訳ではなかった。ただの隣人である。それなのに何故家に上がり込んでいるのだろう。

おじいさんはSさんを見つけると嬉しそうに微笑んだ。
ゆっくりとこちらに歩いてくるおじいさんは、何か大きな物を引きずっている。赤い布に覆われているため、中身が何かは分からない。ただ、とても重そうにずるずると引きずっていた。

と、おじいさんがまた一歩踏み出した。その拍子に布が捲れ、裾から人の足が見えた。

ちらりと見えた足首から下は灰色だった。

死体だ。
Sさんはそう直感した。

おじいさんは死体を引きずって近づいてくる。
何を言うわけでもなく、ただにこにこと笑いながら。

おじいさんも死体もどちらも気持ち悪い。早く逃げ出したいのに足が動かない。そうしている間にもおじいさんはどんどん近づいてくる。

そこで目が覚めた。

汗まみれの体を起こしたSさんは、そこが一人暮らしをしているアパートの部屋だという事に気が付いた。

――それにしても、どうして実家の夢なんか見たのだろう。

妙に生々しかった実家の夢。何だか胸騒ぎがしてすぐに母親に電話をした。
母親は久々のSさんからの電話に喜び、あれやこれやと家族の近況を報告してくれた。家族は皆元気にしていると聞いてひとまずは安心した。
しかし電話を切る間際、母親がこんなことを教えてくれた。

「そういえば隣のおじいちゃんね、昨日の夜に亡くなったのよ」

実家から離れて暮らしているSさんは、おじいさんには数回しか会ったことがない。どうして自分の夢に出てきたのだろうか。

もう一つ、Sさんには気がかりな事がある。

それは夢の中でおじいさんが抱えていた死体の事だ。
顔が見えなかったので誰かは分からない。ただ何となく、家族の中の誰かではないかという気がするのだそうだ。

今現在、Sさん一家に変わった事はないという。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA