喉が渇く

カンボジアでアイスクリームを売っていたというTさんからこんな話を聞いた。

Tさんは屋台を引いて色々な場所に出向く、いわゆる行商人だった。
その日の営業は小さな農村だった。
日も暮れ、人通りもなくなってしまったので帰ることにした。街灯のない薄暗い道を歩いていると、畑に差し掛かったところで呼び止められた。

「ひとつください」

痩せた中年男性だった。
Tさんがアイスクリームを作り終えると、男は引ったくるように受け取り、支払いもせずに食べ始めた。

唖然としているTさんを横目に、大きな口を開けてアイスクリームに齧り付く。ものの一分ほどで食べ終わったが、それでもまだ払おうとしない。

Tさんは「支払いはドルでもリエルでも、どちらでもいいですよ」と男を急かしたものの、お金を取り出す素振りも見せない。目の前に突っ立ったまま満足そうににっこり微笑んでいる。これは話にならない、と思ったTさんは警察に通報することにした。
ズボンのポケットから携帯電話を取り出し、視線を戻す。

男がいない。

ほんの一瞬、目を離した隙に男は消えてしまったのである。

後日Tさんが農村に住む人に話を聞いたところ、三ヶ月前にそこで殺人があったことが分かった。
畑の近くに住む一家が強盗に刺し殺されたのだという。犯人は駆けつけた警官に射殺されたそうだ。

強盗に殺された人がアイスクリームを買いに来たんですかね、と言うとTさんは怪訝そうな顔をした。

「痩せた中年男性が犯人なんですよ。銃で撃たれた人は喉が乾くものですから」

銃で撃たれた人は喉が乾く、カンボジアでは当たり前の事だそうだ。

 

 

2件のコメント

  1. そ、そんな常識が!
    海外の心霊あるあるって「怖い!」と思うよりも「へぇー!」と思ってしまうので、怪談聞きにこちらに来たのにちょっと得した気持ちです(笑)

    • 話してくれたカンボジア人に「銃殺された人が喉乾く理由は?」と聞いたところ、「そういうものです。カンボジア人は皆知っています」と言われました。
      何か、そういう有名な幽霊がいるんでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする