悪魔

その日、小学生のDちゃんは友達と遊んでいた。
夕方になりそろそろ帰ろうかと話していたら、可愛らしい女の子が少し離れた場所から声をかけてきた。

「ねぇ、こっちで遊ぼうよ」

知らない女の子だった。歳は二人と同じくらいに見えた。Dちゃんはもちろん断るつもりだったのだが、友達は女の子が手招く方へと駆け出していた。

「待って、そっちはだめ! そっちは」

Dちゃんの言葉を掻き消すように、ドーン! と激しい爆発音がして、粉塵が舞い上がった。Dちゃんはその場にうずくまり、両膝をぎゅっと抱え込んだ。

待って、そっちはだめ。そっちは地雷原だから――

数分後、ゆっくり立ち上がったDちゃんが見たのは変わり果てた友達の姿だった。
しかし、友達の隣にいたはずの女の子がいない。あんなに近くにいたのだから、きっと彼女も無事ではないだろう。
爆発音を聞き付けて集まって来た大人に事情を説明すると、付近を探してくれることになった。だが、どんなに探しても彼女は見つからなかった。背格好や顔の特徴など覚えている事を全て話したが、大人達は「そんな子供は見たことがない」と首を傾げるだけだった。

 

地雷原

地雷原近くの集落では大人は子供にこう言い聞かせるそうだ。
「あそこには悪魔がいるから近づいちゃいけないよ」
これは、単に子供を危険から遠ざけるための嘘だろうか。

もしかしたら悪魔は可愛い女の子の姿をしているのかもしれない。上記は二〇一六年、ベトナムでの話である。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA