山小屋にて

今から二十年近く前のアメリカ南部での話である。

その日、当時小学生だったIさんは父親に連れられて鹿狩りに出かけた。

半日かけて山に行き、狩りが終わる頃には辺りはすっかり暗くなってしまった。そこで二人は狩場からほど近い山小屋に泊まることにした。

山小屋に着いてすぐ簡単な食事を終えると父親は早々に床に就いた。なかなか寝付けないIさんは、何をするでもなくただぼんやりとランプの灯を見つめていた。

ふと、壁に大きな絵が掛けられているのに気がついた。

どうやら肖像画のようだ。

起き上がってよく見てみると、奇妙なことにそれは頭から血を流し苦悶の表情を浮かべる男性の肖像画だった。他にもあるかもしれないと思ったIさんはランプを手に壁沿いに歩いて行く。

予想通り、ちょうど正方形の山小屋の壁四面、そのすべてに肖像画が掛けられていた。胸に大きな穴が開いている絵、男女の判別がつかないほどに顔の大半が抉れている絵、どれもが残酷でグロテスクだった。見ていて気分が悪くなったIさんは父親の隣にもぐり込み、眠れないまま夜を明かした。

どれくらい経っただろうか。
明るくなった部屋の中で、すでに父親が身支度を始めているのが見える。
Iさんは昨夜の絵が気になった。父親なら何か知っているかもしれない。気色の悪い絵の正体について尋ねてみよう。

意を決したIさんが壁に目を向けると、昨夜見たはずの絵がない。

そこにあるのは、朝日が射し込む窓だった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA